アーカイブ

私が中学生の頃の話ですが、自分から見ても痩せすぎていたのを覚えています。身長が165cmなのに対して体重が50キロほどしかありませんでした。

私自身は至って健康だしあまり気にしていなかったのですが、周りからの目が痛かったのを覚えています。友人からも冗談とわかっていながらも病気ではないかと言われることはいい気持ちはしませんでした。私が痩せていて最も困ったのは人前で服を脱ぐことが出来ないということでした。服を着ていても痩せすぎていて病気だといわれるのに服を脱いだら肋骨が出っ張っていたりするので猶更病気と言われるのではないかという不安でいっぱいでした。痩せていて自分が何も感じていなくても周りからの視線が一番しんどかったのを覚えています。私がこの周りの視線が気になり始めてからは太ってみようとたくさん食べたり色々試してみたのですが、なにをしてもあまり体系は変わらず見た目はガリガリな中学生のままでした。私がそこでしたのは、周りの視線を何も考えないということでした。周りの人が見ているということを自分が意識し続けているため痩せていることにコンプレックスを感じていたのですが周りのことを一切気にせずに生活をしていたら自然と痩せていること自体にコンプレックスが無くなりました。

今でもガリガリの体型のままですが以前のようにコンプレックスではなく他の人とは違う長所だと考えることが出来るようになりました。

Read More

IKEAという家具屋をご存知ですか?今や誰もが知るおしゃれで便利な家具屋さんです。

わたし自身IKEAにはずっと行ってみたいと思っていましたが、地方暮らしだったこともあり、近くに店舗がなくずっとヤキモキしていました。

そんなわたしですが、大学進学を機に東京に住むことになりました。行ってみたいところすべて行こうと思い、まず行ったのがIKEAだったのです。

東京都内で都心からアクセスのいい店舗が立川にある店舗でした。新宿から一本で行けるうえに、IKEAの店舗も駅からほど近く、大変気軽に行くことができました。IKEAはなんとなく郊外に店舗があるというイメージだったため、立川もきっと田舎なのだろうな、不便なところなんだろうなと勝手にイメージしていました。しかし、いざ行ってみるとそのイメージはすっかり覆されてしまいました。

まず立川駅は非常に大きな駅です。駅ビルも多数の店舗が入っている大型のものでした。駅前の道路も広く、駅周辺にはオフィスビルも多数あったように思います。歩道も整備され、IKEAまでは歩いて行ったのですが、非常に歩きやすく整備された道でした。

なんとなく23区外であるというだけで田舎のイメージを持ってしまっていましたが、都会過ぎずかといって決して田舎ではない立川は、非常に住みやすそうで便利な街であると感じました。

大学には立川から通っている友達もいて、さすが繁華街に住むだけあって経験値豊富な人がいましたね。
学生ローンを借りていたり、競馬が好きだったり(笑)
これをみて(→学生ローン立川.com)、改めて立川はそう言う部分でも栄えているなと感じました。

あれ以来なかなか訪れていない場所ですが、また立川に遊びに行きたいです。

Read More

30代を過ぎた頃から増えてきた白髪、きっと自分や親も白髪多かったから遺伝なんだろうけど、最近本当に伸びてきた白髪を処理するのが面倒すぎて困る!!

最初の頃は自分でもショックだったから、3週間に1回くらいは美容院に行って綺麗にしてもらってたけど、あまり頻繁にやってたせいか、白髪染め液を塗ってもらうとヒリヒリすることが増えてきて(泣)

髪も痛むし頭皮にも悪いし、もう少し頻度を下げよう?と思って今はネットショップで色々と探す日々…

今はこのサイト(http://白髪染め短時間.com)にもあるように白髪商品もいろんな種類があって目移りしますね・・・

同じように悩まれてる人が沢山いるのか、商品がほんと多くてどれが良いのか調査中ですが、最近は外に出るときだけ綺麗にできればいっか!と開き直ってるので、ヘアファンデーションというものでカバーするようになりました。

パフが付いてるタイプのもので、白髪が伸びてきたところにだけポンポンするやつです!

どれくらい良いのかはわかりませんが、美容成分がたっぷり入っているパウダーというセールス文句も気に入って、お出かけする時にはポンポンしてます!

ただやっぱり染めるのとは違うので、シャンプーすると落ちてしまうんですよね。だから、毎日出掛ける予定がある時は毎朝毎朝ポンポンしなきゃいけないのが少し面倒かな…

肌にも髪にもよくて、1回染めたらしばらく保つ!っていう夢のような商品があれば絶対売れると思うんですよね!どこか発売してくれないかなあ(笑)

Read More

今日、指摘されてしまいました。

ねこたろう、ねこじろう、ねこの母ちゃん、お前にはペットの名前のセンスがないと、まあそうです。

というより、野良なので、ある意味餌代だけで充分なので、名前もなんでもいいだろうと、別に無責任に言っているわけではないのですが、そう思います。

そういえば、うちの愛犬二匹に関して、親はパラノイアにでもなっているのでないかというほどの愛情を注いでいます。

あれ、愛犬が亡くなったりしたら、本当に精神ショックで、廃人になるくらいの愛情ぶりです。
その時はこういうチェックもしてもらおうと思います。

ペットロスの症状判定チェックリスト

多分、新しい犬を飼うまで、相当立ち直れないだろうなあと思っています。

前書いたかもしれませんが、セラピードッグに協会にお金を送ると、一匹セラピー犬が来るのだそうで、それを、私は親にしたいのですが、犬種にもこだわりがあるようで、本当に最近は、うちの愛犬二匹がすぐになくなったりしないようにと祈る毎日です。

まあ、9歳のマルチーズ、まだまだ行きそうですけれど。

Read More